斬撃のREGINLEIV 初日の感想

2/13 追記

Wiiモーションプラス使用でノーマル10章まで。

よいところ
  • 「敵を攻撃すること」がとても気持ち良い。
よくないところ

よくないというか、気が利いていないというか。

  • ジャンプが気持ち良くない。また高くジャンプできず、そのあたりのオブジェクトに登って高い位置から弓を射る、といったことはできない。
  • Z注目的なものがあったほうがよかったのでは……
  • ダッシュが「ヌンチャクを振る」なので出しづらい上に別方向に誤爆しやすい。
  • ダッシュしづらいのに長距離を移動させられるシーンが多い。
  • 全体的に動きづらいのに、武器やHPを強化するための「マナの結晶」はフィールドを駆け回って回収しないといけない。敵が死んだ場所に出るので遠距離主体の戦い方だととてもだるい。
  • 最後の敵を倒したあとフィールドから出されるまでがとても短く、マナの結晶を回収する時間がほとんどない。
  • ノーマルでクリアしても同時にイージーでクリアしたことにならない。
  • エフェクトがしょぼいものが多く、色使いもなんかセンスがない。
  • メニューのつくりやフォントなど、デザイン面が全体的にあっさりしすぎ。
  • オフラインとオンラインのオプションが連動していない。
  • オンラインで気絶している間、カメラアングルを動かすことすらできず本当に待ち時間でしかない。

これ以外でもとにかくいろいろとアラが目立つゲームで、減点法で採点すると50点切りそうな感じです。が、それを十分補えるほど「よいところ」がデカいですね。「補って余りある」かと言われるとちょっとウムムムとなってしまいますが(笑)。なんか評判を見る限りサンドロットのゲームはいつもこんな感じみたいですけど。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。