ロードス島戦記 邪神降臨

よくできたアクションRPG。アクションといっても指先のテクニックはほとんど重要ではなく、基本はキャラ強化ゲーです。なお PS2 の「シャイニング・フォース ネオ」が実質的な続編らしいので、DC 持ってない方はそちらをチェックしてみるといいかも。

最近は軟弱になってしまったのでエンディング見たらそこでゲームをやめてしまうことが多い、というかエンディングまでやるかどうかも怪しいんですけど、このゲームはキャラ強化がすっごく楽しいのでクリア後のボスとかまでほとんどやっちゃいました(そんなに多くないけど。プレイ時間も 35時間ぐらい)。古代語を刻む度に与ダメージが目に見えて上がったりよろめきにくくなったりと、強くなっていくのがはっきりとわかるのでやる気が持続するんですよね。特に与ダメージなんかは最終的に 10万、100万オーダーまで達し(未確認だけど 1000万は行くと思う)、以前は歯が立たなかった憎いあんちくしょうも一撃の下に屠れたりします。気持ちいぃー。また、本筋に詰まったときに寄り道ルート(妖魔の巣)が用意されてるのもやる気を保てた一因だと思います。

アクションはシンプルで操作自体に面白みを感じるタイプではないですが、操作性がいいのでストレスはたまらないし、何より処理落ちするほど大量に現れる敵キャラをばっさばっさ薙ぎ倒していけるのが実に爽快です。とはいえステータスが足りなければ逆にタコ殴りにされるし、壁際に追い詰められたら平気でハメ殺されたり、どれだけ強くなっても石化だけは絶対に防げないなど、緊張感も伴った戦闘になっています。個人的に PSO の遺跡ソロ潜り(ステイト/メンテナンスなし)を思い出しました。ストーリー面はお察しくださいな感じですが、ゲーム中ストーリーを意識する場面はほとんどないので問題ないでしょう。元がロードスなだけあってか(知らんけど)、セリフとかはちゃんとしてるなぁと思いました。

細かいところでは、電源入れた後メーカーロゴをすっ飛ばしてすぐにゲームを始められるのがすごくいいですね。ゲーム中のロード時間も全体的に短く、こういうところでイライラさせないのはやっぱすばらしいです。セーブだけはちょっと遅いけど。

角川の公式ガイドブック見ながらやってたんですけど、これ古代語モニュメントの位置がずれまくりですね。しかもずれ方に統一性がないんでマジ困ります……

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。