スターフォックス コマンド 感想

関係ないけど、このソフト購入で晴れてプラチナ会員です。わーい。なんかくれ。

んでとりあえず1周クリア。発売前の情報は不安を感じるものばかりで、唯一、開発元が初代スターフォックスに関わった方の会社(Q-games)という点に望みをかけて購入してみましたが、蓋を開けてみるとなかなか面白いです。少なくともアサルトよりは。まぁ「64とは別ゲー 64とは別ゲー……」とひたすら頭に刷り込んでから始めたからかもしれませんが(笑)。

最大の不安だった「タッチパネル操作」。やっぱシューティングには無理があるんじゃないのコレ、と最初は思いましたが、意外にも慣れればわりと快適にプレイできました。細かい操作もできるんで十字キーよりいいかもしれないすね。十字キー操作を用意しなかったのは、タッチパネルのほうがいいという確信があったからなのかなぁ。ただ下画面がレーダーなのでチラ見で状況確認しづらい(手とペンが邪魔)のはちょっと困ります。あと腕が疲れる。結局メトロイドの FPS 操作と同じで「携帯機ならこれでいいけど、できるものなら据置機(アナログパッドとかマウス)でやりたい」って感じかな。

64と違いオールレンジモードがメインという点も、同じことを繰り返すような感じになるんじゃないかなーと不安でしたけど、実際は敵キャラが多彩なのでわりと気にならないし、ミサイル撃墜 / 敵母艦破壊シークエンスがいいアクセントになってて飽きずにプレイできます。つーか敵母艦破壊はまたもやまんま ID4で毎回燃え燃え。よーわかっとるやないか Q-games。

というわけで不安はほとんど杞憂に終わりました。ヌルくはなくて 1周目(ルート固定)から何度も死にましたけど、敵の行動パターンを理解してローリングの使いどころを考えればなんとかなると思います。多重ロックオン(マルチとは別。公式サイトのムービー参照)とローリングで時間ボーナスを稼ぐのが重要な予感。64のようなステージ進行に合わせた演出がない(できない)とか、4機一緒に飛べないとかはもう「64とは別ゲー」ってことで諦めるしかないでしょう。ボイスが日本語じゃなくて動物語なのはまぁ別にいいけど、スリッピーのボイスが「デンデボ」じゃないのが個人的に不満です。

2周目からはルート分岐解禁、エンディングも数種類あるようなので結構遊べそう。Wi-Fi対戦もあるし。……まぁ、PSU Premiere Discが当たる予定なのでしばらくやらないと思うけどね。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。