ゴッド・オブ・ウォー クリア

次のゲームもあるので、ゴッド・オブ・ウォーについてとりあえず忘れないうちにまとめておく。ちょー面白かったので 2周目やチャレンジモードもそのうちやりたいです。しかしクレイトスさんはすがすがしいほどの外道っぷりだった。よく Z指定にならなかった(D指定)もんだな。檻の中のゾンビを見てニヤリ、とかもうね。あれ、オリジナルは生身の人間だと聞いたんですけどマジですかね……

システム面も見た目の雰囲気もデビルメイクライによく似てて、基本的にはああいう爽快アクションゲーだと思ってもらえばいいです。んで ICO とか他の 3Dアクション(パズル)ゲーのエッセンスもところどころに見られたり。攻撃は □□△ が強く、これとガード・回避だけで最後までいけそうな感じですが、コンボの派生が多く動きの自由度もかなり高いので、慣れてくるといろいろカッコイイコンボを試してみようかな、という気になります。特定のコマンドを入力することで派手なトドメになる CS アタック、まあ投げコンボみたいなもんなんですけど、これがどの敵相手でもカッコよくてしびれます。ぼこぼこ殴ってパワーオーブを吐き出させるとか、首をもぎ取るとか、口から剣を突き刺してぐりぐりとか、引きちぎった相手の腕(手が刃になってる)で首を落とすとか、もう「最後の一撃は、容赦ない。」って感じ。移動時でも、梯子やロープにつかまるときや物を押すときなんかの当たり判定がかなりうまく調整されてて、そのへんでストレスを感じなかったのがすごいなーと思いました。PS2 なのにローディングがほとんどなく、ほぼ全編シームレスなのも驚き。

カメラはあえて固定にしたらしいんですが、全編通して非常に迫力のある見せ方になっており、見づらい視点になることもほとんどないです。演出自体もよくできてて、なんていうのかな、セリフや演技ではなく映像そのもので表現する、みたいな感じでプレイ中はいい意味で映画を見ているような感覚でした。冥界のあの表現なんかは日本人からは出てこないんじゃないかなー。しかしいちばんビビったのはアテネの門をくぐったとき。なんか近づいていくと「ワーワー ひゅるるるる どかーん」みたいな戦争っぽい音が聞こえてくるので、僕はここでフツーに映画「トロイ」みたいな戦争シーンを思い描いたわけですよ。それが門くぐってみればあんなことになってるんだもんなぁ…… あとパンドラの箱の中身、あれでいいのか?クレイトスさんも特に驚いてなさげだったしいいのか…… いや、いやいや!

で、ひょっとすると一番驚いたかもしれないのが超親切設計なこと。ゲーム中でちょっとずつ操作説明をしてくれるのでまったく説明書読まずに始めても問題ないし、難易度もほどほどに抑えてある(NORMALの場合)うえに死んでもちょっと前からやり直せるので心が折れません。さらに、一ヶ所で死にまくったら難易度を下げるかどうか聞いてくるんですよね。ホントに洋ゲーかこれ!?と思っちゃいました。

ちょっと残念なところも書いておくと、敵の種類が少なめなので終盤少しだれる(アスレチックや謎解き要素が多めになるせいもあるかも)、ボスはもう数体ほしかった、回避が360度ではなく4方向のみなのがちょっと気になる、冥界の柱登りの針の当たり判定が見た目よりでかくないか、ぐらいですかね。まぁいい所のほうが遥かに勝るゲームで、洋ゲーでもこんなにプレイしやすくてカッコよくて爽快で面白いゲームが出てくるようになった、ということに対して日本のメーカーは危機感を持ったほうがいいんじゃないか、などと偉そうなことを言ってみます。いまさらかもしれませんが。

しかしなんだねー。これ、主人公をキレイなお兄さん(お姉さん)にして外道っぷりを多少弱めてデビルメイクライの外伝的なタイトルで売れば販売本数が相当違っただろうなぁ…… まぁそこまで媚びるのもアレですが、いいゲームはやっぱり多くの人にプレイしてほしいのですよ。在庫があまりないみたいですがなんとか廉価版は出してほしいものです。2のローカライズも是非ともお願いしますカプコン様。

関連リンク

  • YouTube – God of War 2 – 続編のトレイラー。劇的には変わってない感じなので 1 を買う際の参考にしていいと思います。
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。