バテン・カイトスII 感想

わりとよかったです。

ストーリーは普通な感じですけど、いろいろ伏線を張ってそれらがきちんと消化されていくので途中で飽きたりすることはありませんでした。前作は伏線消化の段階で毎回「はぁ?なにそれ?」ってなったり、セリフがいちいち冗長だったりしてイヤだったけど今回はそのへんあまり気にならなかったですね。というかやはりライターさん替わった模様。エンディングでも特に妙な展開にならず普通に終わってくれたせいか、基本的に終わりよければすべてよしな僕は名残惜しさみたいなものすら感じてしまったり。前作のエンディングは超展開すぎてまったくついていけなかったからなぁ。ああいうのが好きな方もいらっしゃるのかもしれませんが……

イベントシーンの演出は、前作に比べればよくなってると思いましたが高いレベルでないことには変わりなく、ベイグラントやエターナルアルカディアや真・女神転生III などの演出を見てしまった後では満足できるものではありません。まぁ、前作のように OPムービーだけ金かけて本編の演出はおざなり、ではなく OP ムービーからすでにしょぼかったのは無駄な期待を抱かせないという意味で実によかったと思います。公式の紹介ムービーはえらくカッコいいですけど、これは編集と曲のせいですので騙されてはいけません

本筋と直接関係ない部分でストーリーや設定に関してさらなる詳細がわかったりするので、ついついいろんなところを回ってサブクエストこなしたりしたくなるのはうまいなーと思いました。見てもらえないかもしれない部分までしっかり作ってるのは素直に尊敬します。とりあえず天の樹地下とネロ邸のあの部屋はマジヤバイね。

システム面は、やや煩雑だった前作のシステムからうまく取捨選択してシンプルにまとめてる印象。特に戦闘は、シンプルにしつつもマグナス(カード)バトルの面白さ(カードをすばやく順番に選んでコンボにする、デッキ構成を考える等)はしっかりと残し、手札を「捨てる」システムの追加で戦略性を上げ、さらにスピーディーに仕上げてあって非常によろしいです。スピーディさとのトレードオフで、カード選択に必死になるのでキャラのアクションを見る余裕がないっていう問題が生じてますけどまぁこれはしょうがないかな。慣れるとそれなりにキャラも見られるようになるし。モーションやエフェクトも前作よりカッコよくなっており、個人的にかなり波長の合う戦闘でなかなか楽しませていただきました。とても残念だったのは、リュードみたいなお笑い担当キャラがいないことです。

不満はこまごまとしたものが多いのでいちいち書きませんが、カードのストックが最終的に数百枚にもなるのに、デッキ編集の際「1ページごとに移動」とか「ページの一番下まで移動」といった機能がないのはちょっと信じられません(前作はあったと思うんだけど)。なので新しいカードを手に入れるたびにストック画面を一番下までスクロールさせて確認することになったりします。あとはやっぱ、バグの多さかなぁ……

全体的に、荒削りだった前作を丁寧に進化させた感じ(バグはないものとして)ですね。「よくある RPG」の域を出ていないとは思いますが、その中ではかなり良くできてる部類に入るんじゃないかと。次回作は戦闘のためだけに買ってもいいかなー。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。