2006 FIFAワールドカップ 対ブラジル

日本 1-4 ブラジル

絶望したっ!足切り社会に絶望したっ!

せっかく玉ちゃんが溜めに溜めたゲージを開放してくれたのにねぇ。前半ロスタイムの左右に揺さぶられてどんっ、ってのは散々やられてるパターンですよね。「こうやれば簡単に点入るぜ〜」とか思われてたんと違うかなー。2点目が入ってしまったときは「あーもうあと2点ぐらい取ってこの4年間を全否定してくれー」などと思ってしまいましたが、ホントに入れられちゃうとそれはそれで悲しいものです……

なんつーか巻をスタメンにしたならファール狙いで積極的に勝負してセットプレーに賭けるなり、サイドからガンガン放り込むなりすべきだったと思うんですけど、なに安全に行ってるの?と思いましたよ。あんな引いた状態から巻の足元に入れてもブラジル相手にどうなるものでもないですし…… まぁ、このへんのビジョンがまったくない(ように見える)のがジーコジャパンらしいというか。

なにはともあれジーコ監督、4年間お疲れ様でした。加地くんを見出してくれて本当にありがとうございました。今日の加地くんはなんか足が痛そうでしたけど、いつもどおりひたすらサイドで上下を繰り返してて、本っっ当に俊輔はパス出してくれない(体調悪いんだろうけど)のによくやるなぁと思いましたよ。しっかり足を治して4年後を目指してほしいです。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。