機動戦士ΖガンダムII -恋人たち-

すげー。あいかわらず怒涛の勢いで密度の濃い内容でした。MS戦が燃え燃えなのでここだけでもお金を払う価値があります。おかしいなぁ、ロボットがビームを撃ち合うアニメはもういいよとか思ってたはずなんだけどなぁ(笑)。いやー、III がとても待ち遠しくなりました。まぁいろいろと気になったところもありますけど、いまシアワセなので置いておきます。とりあえずスクリーンでカツはキツイとだけ言っておく。

以下ネタバレ感想。全然まとまってません。

「星を継ぐ者」のときも言いましたが細かいところはあまり覚えてないので、新作画になっただけなのか、新作画 + 新解釈なのかわかんないところがいろいろありました。具体的に言うと「我々も残ります!」のとこなんですけど。ベン・ウッダーが部下に慕われてる的な描写がないんでとりあえずあれは笑いどころだと解釈したんですが、TV 版ではありましたっけ?

作戦会議で使ってた超薄型ディスプレイ(?)、なにアレ。下敷きっぽい薄い板に映像が映ってるオーバーテクノロジーなアイテムなんですが、会話の後ろでひたすらペッコンペッコンとまさに下敷きみたいな音がするのでムチャクチャ気になりました。あれはどういう意図で使ってるんだろう……

恋人たち、ってことで女性キャラについて。ベルトーチカはアムロの起爆剤役だったと記憶しておりますが、あんまり存在感なかったですね。III で出番あるんでしょうか。ダカールでなんかやったっけ?レコアさんは普通な感じ。ファとマウアーは他のキャラに押されて出番が激減しててカワイソウですね。

んでフォウ。なんかあっさりめでしたね。声に関してはまぁ、何があったかは知りませんが…… あんまりよくなかった気がします。サイコのコクピットで会話後に銃を突きつけるシーン、あそこで声が一気に、それこそ機械のように切り替わってたのがすげぇ気になりました。TV 版はもうちょっといろんな感情を引きずってる感じになってたようなー 気がするのですがー ……あまり覚えてないや。

ただコクピットでの会話シーンそのものは、新作画・新 BGM(「小鳥になるかぁー!」のときと同じ…… だったと思うけど違ったら突っ込みプリーズ)・新セリフで非常によかったです。衝動的にサントラがほしくなったけどまだ出てないのかな。

最期はすごいことに。あの撃たれ方だとバキの登場人物でもないと生還できないですね。長年近藤和久さんのコミック版がΖのデフォルトだったのでここでフォウが死ぬのは構わないんですが、なんというかそこはかとない物足りなさを感じてうーむ。「銀色ドレス」がかかってないとかそういう単純なことじゃないはずなんですが……、なんか TV 版もう一度見たくなってきたなぁ。

えーと、サラ。出番多いわりに声優さん(こちらも変更された)がどうも…… ヘタとは言いませんが、アニメ、特に富野ゼリフ(笑)には向いてない感じ。普通の女の子っぽいセリフはうまいと思うんですけどね。カミーユの容赦ないボディブローはそのまんまでした。

ハマーン様!劇場で榊原さん(俺的ゴッドヴォイス認定済)の声を聞くのはひょっとすると初めてかも。今回は顔見せだけで、なんとハマーン様専用ガザC(白)に乗ってご登場です。これはこれで新鮮でいいんですが、新作画キュベレイを温存とはなんとあざとい!大人のやることかー!

まぁ結局のところ、今作の見どころはエマさんがいじょおにかわいいという点に尽きます(笑)。そらヘンケン艦長も職権乱用するわ。おそらく III では、あの超職権乱用・公私混同がそのまんま発動するのでしょう。がんばれー。部下はたまったもんじゃないけど。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。