クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦

ガンダムSEED DESTINY の最終回を見てしまったので、まぁせっかくだから感想でも書こうかとか思ってたんですが、そのあと別の局でやってた「クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦」が異常にデキがよくって SEED は完全に記憶から消し飛びました(笑)。オトナ帝国もよかったけどこっちのが好きだわ。ここまでしっかり丁寧に作られてる映画って実写も含めてあんまりないと思いますーというか、人死に(主要キャラ死に)が出た上でこんなに美しく終わってる作品なんてほとんど知らないかも。富野御大が褒めてただけはあるな。

2007/12/16 追記

突然また観たくなってDVDを買ってしまったので追記。改めて観ると演出の細かいところがよく見えていろいろすごいなーと思いました。3回あるタイムスリップ場面(全てエフェクトなし)から受ける印象がまったく違うところとか、車と馬の速度の差でどんどん距離が離れていくシーンとか。

戦闘描写もガチすぎて大変すばらしいです。いや別に詳しく知ってるわけじゃないんですけど、素人目に見ても合理的に戦争やってるなって気がするんですよね。ひろしの戦場における車の使い方とか的確すぎるし(笑)

やっぱこれはアニメ史じゃなくて邦画史に残る作品だと思います。オススメ。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。