hi-ho に Serene Bach を設置

アップデートされたので以前上げた記事をちょっと書き直し。

今使ってるブログツール Serene Bach の hi-ho サーバーでの設置方法。こんなマイナープロバイダかつクセの強いサーバーでこういうツールを使おうと思っているひとが果たして何人いるのかわかりませんが、ひょっとしたら何かの役に立つかもしれないので書いておきます。ただ、めんどいし設置できてもちょっと動作が重いので、特に理由がないならレンタルブログにしたほうがいいですよ、ホント(笑)。自分はなんとなく、自サイトは自分のサーバースペースだけで完結したいのでこうしてます。hi-ho がブログ用意してくれればいいんですけど、なんせサンプル CGI がもう何年も放置されてる(署名が正しいなら 1997年から)という力の入れなさっぷりですからなぁ……

以下の記述は Serene Bach ver 2.00R についてのものになります。いつものことですが、素人なので厳密には間違った記述があるかもしれませんがご了承ください。トラックバック送信を始めだいたいの機能は使えてると思いますが、アマゾンアソシエイト関連、(使えてます) メール通知、Image::Magick を使ったサムネイル画像生成に関しては試してないのでわかりません。

ファイルのアップロードは以下のようになります。Perl のパスは hi-ho のものに書き換えておいてください。パーミッションは指定されている通りでいけます。

cgi-bin/
 ├data/
 ├ext/
 ├lib/
 │ ├ mimeutil.pl
 │ ├ sb.pm
 │ ├XML/
 │ └sb/
 ├lock/
 ├plugin/
 ├ admin.cgi
 ├ cnt.cgi
 ├ init.cgi
 ├ install.cgi
 ├ mb.cgi
 └ sb.cgi
html/
 └sb/
  ├ index.html
  ├ style.css
  ├doc/
  ├img/
  ├lib/
  │ └resource/
  ├log/
  └template/

lib ディレクトリ内のファイルを分けることに注意。それ以外のディレクトリ内のファイルはそのままです。

init.cgi の中身はこんな感じ

# --- Global Configuration ---
DataDir ./data/DataSuffix .cgi
ScriptPath http://www.server.hi-ho.ne.jp/cgi-bin/user/username/
LockDir ./lock/
BaseDir ../html/sb/
LogDir log/
ImgDir img/
HelpSrv http://www.server.hi-ho.ne.jp/username/sb/doc/
TempSrv http://www.server.hi-ho.ne.jp/username/sb/lib/resource/
TempDir ../html/sb/lib/resource/
BaseSrv http://www.server.hi-ho.ne.jp/username/sb/
PluginDir ./plugin/StyleDir ./template/

StyleDir sb/template/./template/

server/username はそれぞれサーバー名・アカウント名を入れてください。他は付属のヘルプの通りにやってれば問題ないと思います。

※ 8/15 追記
hi-ho では画像ファイルは html ディレクトリ下に置かないと読み出せないのですが、プラグイン扱いであるアクセス解析の画像ファイル(accesslog_bar.gif)は init.cgi でファイルの位置を指定する項目がないので、html ディレクトリ側に置いても表示することができません。そこで、アクセス解析ページのテンプレート plugin/resource/ja/accesslog.html のソースの {sb_access_bar} の部分(4箇所あります)を、html ディレクトリ側に置いた accesslog_bar.gif の絶対パスに書き換えて表示されるようにしました。あまり美しくない方法だとは思いますけど。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。