ワンダと巨像雑感

面白かったのは間違いないんですが。

「ワンダ」に問題点があるとすれば、ゲームの側からストーリーなどをほとんど語らず、プレイヤーの想像に任せてゲームへの没入を阻害しないようにする…… という「ICO」と同じつくりをしている割には、プレイヤーがワンダと想いを共有できない、つまり「ICO」でヨルダを守りたいと思えたほどには「ワンダ」では少女を助けたいと思えない(自然にそう思えるような導入がなされていない)ところです。妄想力には定評のあるボクですがあそこまで説明なし演出なしではさすがにねぇ…… ワンダと少女の関係すら明かされないし。

そういうわけでゲームを終えたとき、なんというか「ICO」と比べるとあっさりだったな、と思いました。まぁ今のところはこんな感じで、2周目やったらまた考えるかも。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。