FRONT MISSION ONLINE まとめ

感想。

PvP までは作業

PvPエリアに行けるのはパイロットレベル15からなので、それまではNPC相手にレベル上げをしなければなりません。ゆっくりやって45時間かかったので、たぶん早くても30時間ぐらいは普通にかかるんじゃないでしょうか。PvPを売りにしてるのに、そこまで30時間もかかるのです。これを長いと感じるか短いと感じるかは人それぞれでしょうけど。

さらに NPCがやたら強い上、有象無象の蠢く野良グループ(しかもFF11より多い10人)で高度な連携を期待できるはずもなく、自然と、最も単純で楽に勝てる「待ち」戦術ばかりになりFF11を髣髴とさせる作業感ただよう戦闘が続きます。なお、ソロは効率が悪すぎ(グループ人数が多いほど経験値ボーナスも多い)なので事実上不可能と言えます。

グループ参加・離脱がほぼ自由なので、すぐ戦闘を始められてやめたいときにやめられることが救いでしょうか。構成もメカニックが 2人いればなんとかなるし。

あと、NPC戦を続けているとどう考えてもヴァンツァーより戦車やヘリのほうが強いと思えてくるのはロボゲーとしてはどうかと……

PvP(占領区)も作業

レコンでレーダー照射して遠距離からミサイルを撃ちまくる戦法が、操作が簡単な上に圧倒的に強いらしく(実際それっぽい相手と対戦しましたがボロボロに負けました)、ミサイルを無効化できるトンネルの中でしか戦わないという流れができあがってるみたいです。んで、同じ場所なのでだいたい勝ち負けのパターンも同じになります。さらに、例によって野良なので戦術は単純なもの(トンネルの入り口で待つ or 適当に突撃 or 前述のレコン + ミサイル)しかできないし、相手もそんな感じなので正直 NPC 戦とあまり変わりません。まぁ 5月中の話なんで今は違うかもしれませんけど。

ちなみに激戦区はやっておりません。この状況で「激戦区に行けば面白い」と思えるほど純粋では、もはやないので。

なんかいいところはないのか

パーツの組み替えはバリエーションが広く、重さと性能のバランスも取れていてセットアップ時はなかなか楽しめました。しかし、占領区以降はパーツの値段が急上昇するのでヴァンツァー 1体分揃えるだけで精一杯になります。

…あとは本当に思いつきません。月額 500円ぐらいなら「PS2 というメインハードで多人数対戦型オンラインゲームを発売したこと自体は評価できる」ぐらいのことは言えたんですが。

まとめ

アクションとしては爽快感がなく、連携の取れない野良グループでは集団戦闘の面白さを感じることもできないので、無料期間の終了を待たずにやめました。まぁ連携が取れれば面白いのかもしれませんが、FF11 の 6人でさえ難しかったのに 10人ではほとんど不可能でしょう。自分がリーダーとなって引っ張っていくエネルギーもありませんし。FF11 やったことあるひとならわかると思いますがホントにきついんすよアレ。

思うんですが、ルールとして攻撃側と防御側を指定すればいいんじゃないでしょうか。勝利条件をオブジェクト破壊/防衛とかにして。システム的に自軍の立ち位置を明確にすれば、多少は全体の意識もまとまるでしょうし、両軍が有利な地形で待ちに入ってしまい、ラチが開かないので仕方なく突撃、みたいなダラダラした戦いもあまり起こらないと思います。今から大規模なテコ入れをすることはまずないでしょうけれども…

しかしまぁ、これでファンタジーアースも期待できなくなってきましたよ。普通に DAoC(やったことないけど)のコピーを作ればいいと思うんですがものすごいアレンジをかましてきそうな予感。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。