愛・地球博その3

IMTS

最先端のIT技術等を活用し、圧縮天然ガスを使用した大型低公害バス3台が、無線通信により電子的に編成を組みながら、自動運転による隊列走行を行います。

IMTS(インテリジェント・マルチモード・トランジット・システム) | EXPO 2005 AICHI,JAPAN

という乗り物。ロシア館が遠いので乗ってみた。

万博1
「あっ、モリゾーだ!」(←俺)
なんか車内に無造作に置かれてる森の精モリゾー。30%ぐらいはモリゾー目当てで万博に来たので、嬉しさのあまりしばらく写真撮ったりもさもさしたりしてましたがそのうち出発時間に。
「発車ですよー」と添乗員さんがモリゾーを持ち上げ……

万博2
運転席に乗せた!

そう、モリゾーさんは運転手として乗っていたのです。なにやら自然の叡智を感じる後ろ姿とハンドルがカクカク動く光景があまりにシュールで道中笑い通し。すげーよモリゾー。縄文時代から生きてるだけはあるよ。

(追記)後ろからは見えませんでしたが、ちゃんとシートベルトもしているそうです。

この一件で完全なモリゾー萌えに陥ってしまったワタシは、トヨタ館の最終回観覧後におみやげ屋でモリゾーグッズを長時間物色。危うく終電逃すとこでした。新幹線の終電って初めて乗ったよ。

んで戦利品。

万博3
モリゾーぬいぐるみ。
ひとまわり大きいほうにしようかと思いましたが値段が倍なので断念。

万博4
その瞳からは迷い込むと戻れない森の恐ろしさみたいなものが感じられます。

万博5
マグカップ。グローバル・トラムに乗って楽しく会場を回るモリゾー&キッコロをイメージ。

万博6
裏。こわいよおじいちゃん。森の精というのはマグカップの表と裏でこうも変われるものか。

というわけで、当サイトはモリゾーを応援しています。
ついでにキッコロと愛知万博も。

おまけ

下のほうにモリゾーの動画があります。夜道で出会ったら泣いて逃げ出しそうです……

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。