愛・地球博その2

感想続き。企業パビリオン編。

三井・東芝館

昼時に隙を見て並んで 60分待ち。CGムービーに自分が出演!ってやつです。顔スキャンしてから映像が始まるまで少々待たされますが、やっぱり自分や連れの顔がスクリーンに出てくるとすげぇ笑えますね。しかも同室のメンバーがお子様からおじいちゃんおばあちゃんまで幅広く、なんかものすごく濃い映像になっててあらゆるシーンで笑えました。一部屋20人なので大勢で行くと面白そう。ちなみに自分を探すのに必死でストーリーは絶対頭に入ってきません(笑)

最先端の技術 + 単に「見るだけ」ではない、という点でパビリオンとして非常に良いものだと思いました。終わったあと写真プリントとかできればもっとよかったかも。

三菱未来館@earth

30分待ち。社会見学気味の内容だけどそれなりに面白い。IFXシアターとやらの映像はちゃんとテーマに沿っているしなかなかの迫力。少なくとも韓国館の意味不明な映像よりは遥かにいい。

トヨタグループ館

開場直後から長蛇の列。かなり無理っぽかったんで、21時過ぎの最終回に60分ぐらい並んで入りました。完全にショーだけどいろんな演出があってさすがに面白い。お互いにぶつからずに走る「i-unit」はどうやってるのかわからず素直にすごいと思う。二足歩行メカは実際に見るとけっこう衝撃的だった(笑)。逆間接なのねあれ。でも動きを見てるとまだまだ趣味の世界(実用的でない)だなぁーと思う。

全体的に120分とか並んでまで見るようなものではないと思うんで、これから行く予定の方は事前予約をおすすめします。あー日立も見ときたかったなぁ。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。