デビル メイ クライ

大剣と二丁拳銃を使い分けカッコよく敵をなぎ倒していく、その筋(どの筋だ)の人間にはたまらないゲーム。そういうのを抜きにしても、プレイしているうちに上手くなっていくのが実感できる良質なアクションゲーです。

難易度はちょっと高めな感じですが、その分スムーズに敵を倒せるようになったときは嬉しいですね。動きの自由度が高く操作も快適なので、「こういう倒し方はどうだろう?」と自然とカッコよさを模索したくなるし。お手本ムービーの「ファントム(大蜘蛛)の上に乗って二丁拳銃連射」が自分でもできたときは、ひょっとして俺ってスタイリッシュ?とか思っちゃいましたよ。まぁ誰も見てませんが。後半は余裕ないので グレネードでゲージをためる → デビルトリガー引いてエアレイド連発 というチキン戦法を駆使してましたが、これでもそれなりにカッコよく見えるのがすごいです。

空中で二丁拳銃を連射するとちょっとホバリングするとか、浮かせた敵に銃を連射して空中に釘付けにするとか、こういったことを 3D のリアル系グラフィックでやってしまうのがとてもスタイリッシュ。篭手を取ればスタイリッシュな格闘もお楽しみいただけますし、銃器は二丁拳銃以外にもショットガン(片手撃ち)・グレネードなどなど取り揃えております上に、今なら全て弾数無限でございます。あ、マシンガンはスタイリッシュじゃないのでありませんよ。しかし「銃で悪魔を撃つ」というのはメカとかヒトを撃つのとはまた違った快感があってハマりますねー。銃を持ち替える手順が、困るほどではないけど頻繁に行う気がなくなる程度には面倒なのがちょっと残念でした。メニューに入らずに交換できればよかったかな。

で、問題点として挙げられるのはやはり固定カメラでしょう。バイオのエンジン流用で作ったんだから勘弁ってのはわかりますが、やっぱ純アクションゲームには向きませんよねコレ。視点のせいで死んだりするといつもは温厚な僕もさすがにキレそうになります。フレーム外からでも平気で飛び道具使ってくるような敵ばかりだしねぇ。まぁ下手に酷いデキのフリーカメラ(例:モンスターハンター)にされるよりはこっちの方がマシですけど、せめてボス戦のときぐらいは自分とボスを常に同一画面内に収めてほしかったです。あと細かい不満ですが、コンティニュー画面からタイトルに戻れるようにしてほしかったですね。ソフトリセットとかでもいいけど。ヘタレなのでコンティニューしてるとオーブがすぐなくなるんですよハハハ。

ストーリーはなんというか、親の遺言か何かかと思うほどに王道(というかお約束)にこだわっていて、「これはたぶんこうなるんじゃないかな」と思ったらまず間違いなくそうなります。終盤、「さすがにこいつは生き返らんだろう」と思ったら後にあっさりと生き返ったときはもう完全に負けたと思いました(笑)。展開に脈絡がなさすぎたりしますが、あれは笑うところでしょう。個々のイベントもいちいち表現が大げさで、「暴力シーンやグロテスクな表現が…」という注意書きに反してとても笑えます。なんかバカにしてるみたいですが、ポリキャラの演技とかきちんとできててなかなか良いですよ。ビーム跳ね返すとこなんかスゲー燃えました。そのあとの展開はお笑いだったけど。

そんなわけで、スタイリッシュハードアクションの名に恥じないバカカッコいいおもしろアクションなので、そういうのが好きな方にはオススメです。あ、余談ですがこれからプレイされる方は最後の脱出だけは失敗しないようにお気をつけください。地獄の王さえも屠った魔人が飛行機で墜落死ということになって、それまでの展開はなんだったんだって感じでギャグにすらなりませんから。機銃撃てるのに気づかなくて4回も墜ちちゃったよ……

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。