「ちびロボ!」をクリア

発売日のちょっと後に買ってようやくクリア。ゼルダっぽい 3D 空間がかなりよくできてて、徐々に行動範囲が広がっていくのが楽しいです。あと身長 10cm のちびロボを操って家の中を動き回るので、なんだかドラえもんのスモールライト的感覚が味わえるような。

がー、ゲームをいくら進めてもプレイするモチベーションが上がってこなくて、結局途中から攻略サイト見てさっさとクリアしちゃいました。考えられる原因としては、操作性はいいんだけどコンセントプラグをいちいち持ち上げるのがだるいとか、一定時間ごとにスタート地点に戻されるシステムがイヤだとか(ムジュラもこれがダメだった)、ゼルダと違って戦闘が少ない & ヌルいのでメリハリがないとか、かなぁ。あとパパのキャラがなんかとてつもなくイヤでした。他は好きなんだけど。

いいな、と思ったのはキャラが喋るときに「デンデボ デンデボ」みたいな適当ボイス(とでも言うのか)がつくこと。フルボイスだと、セリフをいちいち喋ってテンポが悪くなる/そもそも声優がヘタ みたいなことがよくありますが、こういう方法だとそうならない(なりにくい)ので RPG とかアドベンチャーには向いてる気がする。まぁテンポを崩さないようにセリフを練りこんで、かつ実力のある声優を使うなら普通に日本語で喋ったほうがいいかもしれませんけど、そこまでできる能力とカネがあるところはごく少数だと思いますので、これとかエターナルアルカディア(感動詞のみボイスがつく)みたいな方法が労力に対して効果が大きくていいんじゃないかな、と思ったわけです。やっぱボイスなしよりは、あったほうがキャラが生き生きしてきますし。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。