コンフェデ ブラジル戦

2-2 で引き分け、予選敗退。まぁ悔やむべきはメキシコ戦・ギリシャ戦であって、この試合については大健闘と言っていいでしょう。徹夜して観た甲斐があったというものです(今死にそうです)。一番心に残ったのは、日本を応援してくれてる観客が多かったことですねー。得点シーンなんて凄い歓声でしたし。

しかし加地くん、ホントにどうしちゃったの(笑)。前半開始早々するするっと右サイドを駆け上がり、DF 裏へのスルーパスに反応し落ち着いてダイレクトシュート!ボールは GK の足元を抜けゴールマウスへ!残念ながら判定はオフサイドでしたが、どうやら加地くんは本気で覚醒してしまったようです。ブラジルに火を点けた男、加地。

なんかトラップやパスも安定してて加地くんにボール渡っても不安にならないし、「W杯最終予選までは鉛入りのスパイクでやってた」みたいなネタがネタと思えないほどです。何度か抜かれたりもしてたけど、あれは他の選手なら止められるというようなものでもないので仕方ないでしょう。後半、イエローもらうのと引き換えにカウンター潰したりもしてたし。

対照的に左の14番の人はダメでしたねー。守備がヘタなのはわかってたからいいんですが(失点にも絡んだからあまりよくないが)、持ち味の突破も世界レベル相手には通用せず、何度もボールを奪われカウンターの基点になってました。ロングフィードも相手のとこにいくし、ボールが渡るとすげぇ不安になります。変なとこでカードもらうしね。ジーコは早急に左サイドの人材を探してください。

まぁ調子悪いのかもしれないけど、それならそれでスタメンで使うなよジーコ。交代枠 3つしかないってわかってんのかなぁ…… まぁ、加地くん覚醒のこともありますし、ジーコには何か考えがあるのかもしれません。14番の人とみつおと玉ちゃんもきっとそのうち覚醒するんだよ、うん。

あとやっぱりブラジルは強いですね。トラップとかパスとか基本的な部分がレベル高いからあんな攻め方ができるのでしょう。日本の守備はいっぱいいっぱいでしたね。途中から川口に変な神が降りてきたみたいで、シュートが全部枠外れたり正面(顔面含む)に来たりして助かりましたけど(笑)。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。