FF11日記 6月 その2

6月20日

日本語が通じないけどしっかり挑発(※)してくれる戦士と、日本語が通じるけどぜんぜん挑発してくれない戦士、どっちがいいですか?

(※敵の攻撃を自分にひきつけるスキル。戦士系ジョブがこのスキルを使い、魔導士に攻撃が行かないようにするのが基本)

まぁいいや。お金がないので、合成で作ったものをバストゥークのキャラに送って売ったりしてたら結構売れてウハウハだったんですがそれも一時的なもので、最近は供給過多のためか売れなくなってきました。転売も辞さない構えだったけどもう儲けがないっすねー。相場もほとんど原価割れ。UOもそうなんですけど、やっぱ生産で稼ぐってのは無謀なことなんでしょうかね。店売りの武器防具の種類を減らして、敵が装備落とすのもやめて(合成材料を落とせばよい)、もっと合成職人の立場を上げてもいいと思うなー

ちなみにアイテムを他のPCに売る方法は「バザー」と「競売所」の二通りあって、これがなかなか楽しいんですよ、両方とも。売る側とのコミュニケーションが基本的に不要(値段を設定しておくだけでよい)なのが日本人向けなんでしょうかね(苦笑)。バストゥーク商業区は、バザー設定のみして放置している自販機キャラでいっぱいです。僕もやってますが。

6月27日

少し前のパッチでスクリーンショット撮れるようになったんですが、PSOみたいに面倒な手順を踏まなくてよい(HDDに保存され、メールに添付して送れる。写真撮る操作自体も簡単)のでもう撮りまくってます。せっかくだから適当に公開してみますね。公開終了しました。

実はタルタルの写真が大半を占めているんですけど本人の承諾を得てないので載せられません。でもすっげぇかわいいんだよなー載せたいなー。まぁタル黒魔とかだとフツーなので(バインド修正前のイメージの悪さもあって)別になんとも思わないんですが、タル戦士で両手剣持ってバーサク発動して一生懸命斬りかかってる様なんか見るとなにやらタマランものがあります。

敢えて言おう、萌えであると!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。