スターフォックス64

SFC で発売された前作「スターフォックス」のリメイク・バージョンアップ的な位置付けの作品ですが、むしろ本当にやりたかったのはこれなんでしょうね。というか前作は、カセットに特殊チップを積んでフルポリゴンを可能にしたというある意味「無理やり」なゲームだったし。前作でできなかったことがロクヨンでやっとできました、って感じ。

そういうわけで、ロクヨンのマシンパワーによっていろんな部分がパワーアップしてますが、注目すべきはやはり演出面でしょう。スターフォックスの他のメンバーは前作よりも積極的かつ効果的に援護してくれるようになり、また積極的に助けを求めてもくる(笑)ので「4人(匹?)で戦っている」ことがとてもよく実感できます。ボス戦でも逃げなくなったしね(勲章狙いの時はすげぇ邪魔ですが… 頼むから味方の射線上に入るな)。また、要所要所で登場する仲間やライバルチーム(スターウルフ)などのサブキャラも個性豊かでいいです。そして最もすごいのが、ゲーム中そういった味方や敵からほとんど途切れなく「通信」が入ってくることですね。リアルタイムに、しかもフルボイスで(!)、です。イベントシーンを「見る」のではなく、自分がその中に参加しているという感じでしょうか、とにかく臨場感がものすごく、「体験するゲーム」っていう評がぴったりかも。例の振動パックもそれに貢献してますね。

オールレンジモードとかかなり感動的なデキで、気分はもうスターウォーズ。というか全体的に明かにスターウォーズなどの SF 作品を意識しており、ベノム2脱出時の演出なんかはかなりシビレました。あとカタリナのまんま「ID4」っぷりが、「勢い余っちゃいました!! えへへ」ってなデキだったのには最高に燃えたし笑いましたよ。任天堂もなかなかやってくれるね。

ゲームとしての基本的な部分は任天堂らしい優等生なつくり(誉めてます)でまったく問題ないですね。難易度は低めですが、勲章集めやエキストラモードがあるので上級者さんでも楽しめるかと。あと発売前は大注目だった対戦モードですが、攻撃パターンが限られるため飽きは早いと思います。おまけと思った方がいいかな。まぁとにかく、今見てもほとんど遜色ないデキに仕上がってる(= 完成度が高い)ので、まだやってない方はぜひともプレイして頂きたいな〜という気持ちなのです。唯一フォックスたちのグラフィックだけはスマデラがデフォになってるとショックを受けるかもしれませんが。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。