ファンタシースター オンライン Ver.2

発売した時期がちょうど UO に疲れ気味なときだったんで、もう恐ろしいぐらいにハマってしまいました。今はある程度収束しましたが、発売日から実に 4ヶ月ほどの間はほぼ毎晩何時間もやってましたね。んで、これだけプレイすると Ver.1 の頃にはあまり見えてこなかったものもいろいろと見えてきたり。良いところも悪いところも。

PSO のいいところというのはやはり、ネットワーク RPG という多くのユーザーにとって未知のジャンルのゲームを、初心者にもプレイしやすいように、しかも高いクオリティで提供したことにあるでしょう。難易度が低い、シンプルすぎて奥深さがないというのも事実ですが、コンセプト的に許容されるべき問題だと思います。僕も Ver.1 の頃は文句言ってましたけど、まぁ初心者向けなんだ、ってことで今はもうそんなに気にならないですね。

むしろ、この「ヌルさ」が PSO の売りといえるんじゃないかと、最後には思うようになりました。PC のネットワーク RPG にありがちな複雑さ・めんどくささもなく、回線が弱くてもそれほどストレスなくプレイでき、また現実的なことでは月々のサーバー接続料も安いので、とにかく気軽にオンラインに繋げられるのです。これはネットワーク RPG としてはかなりの強みでしょう。しかも、オンラインに繋げられない(or 繋ぎたくない)ときでもオフラインモードがありますし、なんというかもう、まったりダラダラプレイ(チャット含む)するのに最適な環境なんですよねー。まぁこれを長所と見るか短所と見るかはひとそれぞれだと思いますが、個人的には長所と言っていいのではないかと思います。堕落してますね。

あと特筆すべきは、ビジュアルロビーの存在でしょう。このシステムはホントにすごくて、Diablo など、これまでの小規模ネットワーク RPG(って言うのかな? つまり MMORPG でないもの)ではチャットルームのようなロビーから仲間を探して部屋に入るらしいのですが、これだとその世界を共有していると感じられる相手は同じ部屋にいるプレイヤーだけだと思うんですよね。しかし PSO ではそのロビーの部分をビジュアル化した、すなわちキャラの姿が現れ(←重要)移動・チャット等が自由にできることにより、オンラインに繋いでビジュアルロビーに降り立った時点で既に “パイオニア2” というコミュニティーに参加しているのです。また、1つのロビーには最大 12人までしか入れませんが、シンプルメールで他のロビーにいるひととも簡単に連絡が取れるので、オンラインに接続している全てのプレイヤーと同じ世界を共有している感覚があります。これにより、PSO は小規模ネットワーク RPG ながらも MMORPG なみの世界の広がりを得ることができたと思います。こう考えると PSO って、続編が出たとしても MMORPG である必要はないかもしれませんね。3D の国産 MMORPG ということになると例の 11作目とかぶる し。

Ver.2 の追加要素のアルティメットモードですが、これは基本的にはダメです。もともと PSO はベリーハードまでで完結しているゲームだったのに、そこに取って付けたようにもう1段階上の難易度を追加したもんだからもうバランスがムチャクチャになってます(詳しく言うとすごく長くなる上に愚痴が入るのでやめますが…)。まぁ、このモードのおかげでゲームの寿命が延びたのも事実ですけど。他の追加モードはほとんどやってないのでなにも言えませんが、チャレンジなんかは結構人気らしいですね。

そして、やはり女性キャラがかわいいことを挙げておかねばなりません(笑)。この点に関して PSO に勝るネット RPG は現時点では存在しないとここで強く主張しておきます。やはり国産はいいものです。またキャラデザイン的なことだけでなく、体型が自由自在に決められるというのは今思ってみるとすごいことですね。胸の大きさまで自由自在ですからね。いやはや。

…とまあ、ゲーム内容的には不満は少なくないものの十分素晴らしい出来だと思うのです。しかしながら、問題は別のところに存在していたのでした。あまり触れたくはないですが状況的にそういうわけにはいかないですしね…

PSO の(というかソニックチームの)最大にして最悪の失敗は、オンライン管理体制が杜撰すぎた、ということでしょう。具体的にはあまりにも公に行われている不正行為のことです。なんか、ソニチ側に取り締まる気がほとんど感じられないんですよね。確かに、キャラデータがクライアント側にあり、ハードディスクもない(= パッチが当てられない)状態で不正行為を防ぐのは難しいのかもしれませんが、多数のプレイヤーが明かに不正を行っており、しかも堂々とオンラインでプレイしているのはどう考えてもおかしいです。SHIP1 とかすごいことになってるしね。

このおかげで「信じられるのは身内だけ」というとても閉鎖的なゲームになってしまいました。もちろん元凶は不正を行うプレイヤー達ですけれども、ここまで広まってしまったのはやはりソニチに責任があると思います。どうも不正アイテムがあふれたDCサーバーは隔離して新天地で再スタートを切るつもりのようですが、キャラデータがクライアント側にある以上データ改造が行われるのは時間の問題でしょうし、ソニチの対応が今までと変わらないならば辿り着く場所は同じであることは明かです。まぁGC版でもう一度だけ付き合ってやるつもり(←何様だ)ですけどね。あまり期待はしてないけど。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。