ゲームキューブのこと

とうとう発売されましたねー NINTENDO GAMECUBE。ローソンでルイージマンションとのセットを予約したら24日受け取りになっちゃったので発売日購入ではありませんが、新ハードをすぐに購入するのは初めてです。でもなんか意外と余ってるっぽいですね。まぁあのソフトラインナップじゃ仕方ないか…… ところでセット購入の特典でポケットピカチュウカラーが付いてきたんですが、どうしろと?

さてさて、小さい小さい言われている本体ですけれども、実際使ってみるとそれほど小さいとは思えないです。ドリキャスと同じぐらいな感じかなぁ。高さがあるぶん「邪魔さ」はドリキャスより上かも。箱は文句なく小さいです。緩衝材がダンボールのみなのは本体の丈夫さに対する自信の現れでしょう。たぶん。

本体の左側面にはでっかいファンがあります。任天堂ハードでファンってのもなんか違和感がありますが、音は静かで全然気にならないです。以前、「今日はなんか寒いなあ」と思ったらDCのファンがこちらを向いていたってことがあったのですが、キューブのファンは自分のほうに向けてもほとんど気にならないぐらいの風力(?)です。っていうか向きを変えれば済むことですが。

本体底面には、ネットワーク関係のアダプタが接続される予定の “シリアルポートA”、なにやら意味ありげな名称の “ハイスピードポート”、最後まで使われなさそうな雰囲気の “シリアルポートB” があります。将来HDDとかも発売されるかもしれませんねー。まさかいまさら外付けハードはないだろうとは思うのですが、任天堂の歴史を考えると可能性は否定できません……

コントローラーの握り具合はロクヨンと同じような感じでなかなかいいです。アナログスティックの位置は文句なしですが、ABXYボタンの配置がちょっと混乱します。でかいAボタンが真ん中にあって、その周りにBXYボタンがあるのですが、Bボタンの位置が掴みづらく、XYボタンはどっちがどっちかとっさに判断しづらいです。まあこのへんは慣れでしょうね。LRボタンはDCと同じくアナログですが、押し具合がかなりいい感じ。特に最大まで押し込んだときの「カチッ」っていう引っかかり?がたまらなく気持ちいいので、もうカチカチしっぱなし。Zボタンは存在に気づくのに数時間かかりました。

んで問題の、ゲームキューブの性能的な面でとりあえずわかったのは、ロードが速い、ってことですね。ルイージマンションなんかロードないも同然ですよ。電源入れてからタイトル画面表示まで5秒ぐらいだし。シーク音も静かなので、いつデータを読みこんでいるかすらわかりません。プレイ感覚はカートリッジ時代とほとんど変わりませんね。ウェーブレースはコース読みこみに少々時間がかかりますが、それでもディスクとしては十分早いです。

ちなみに、任天堂側は「キューブはゲーム機である」みたいなことを前々から強調してましたが、本当にその考え方が徹底されているようで、音楽CDすら再生してくれません。というか12cmCDだと再生以前に大きすぎて入りません。

今後のソフトラインナップですが、とりあえずスマブラは購入確定として、あとバーチャストライカー、マリオ、ゼルダ、PSO …… あれ、これだけ?(バイオとかキャリバーはあまり興味ないんです) まだ情報が少なすぎて判断つかないソフトとかもけっこうありますけど、やっぱりもう少しサードパーティーにがんばって欲しいですねぇ。セガ、カプコン、ナムコ以外のメーカーといったら、えーっと…… ケムコ?うーむ、盛りあがらないのも無理ないか(←失礼な)

個人的には任天堂とセガのソフトさえあれば十分とは思うんですけど、やっぱりそれだけじゃ切ないですしねー。まあスマブラ発売してからが勝負だと思う(任天堂もそのつもりみたい)ので、期待しつつ待とうかと思います。

つーかマジで期待してるからがんばってねーお願いだから。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。