マリオストーリーの感想

SFC で発売された「スーパーマリオRPG」の続編のようなソフト。思えば前作は “任天堂×スクウェア” という時代を感じる組み合わせで製作されていましたが、今作を見る限りなかったことにされているようです。んー、まぁいいか。仲直りしたみたいだし。

このゲームは基本的には RPG ですがやはり「マリオ」ということで、アクション性も非常に大切にされています。戦闘は前作でもあったアクションコマンドが健在です。攻撃のときボタンを連打したり 3D スティックを弾いたりすると攻撃力アップ、防御のとき敵の攻撃が当たる瞬間に A ボタンを押せばダメージを軽減、というもので、これのおかげで常に緊張感のある戦闘になってます。最初の 1時間ぐらいはアクションコマンドを使えないのでかなり退屈なんですが、要素が一つ増えるだけでこんなに面白くなるんですねぇ。連続攻撃をタイミングよくガードするのなんかストIII のブロッキングっぽくていい感じ。バッヂシステムはつまりはアビリティシステムで、例によって組み合わせを考えるのが楽しいです。

またシンボルエンカウント方式(フィールド上で敵と接触すると戦闘)を採っていますが、ここでもアクション性がわりと重要で、例えば、フィールド画面でクリボーを踏みつけると先制攻撃となり、クリボーの体当たりを受けると敵の先制攻撃となります。ただしトゲゾーなど踏むとヤバい敵はハンマーで攻撃しなければならないとか、ハンマーブロスはしっかりハンマー投げてくるとかいろいろあって、フィールドでも緊張感があって楽しいです。ちょっと文句を言うと、弱い敵は戦闘シーンに入らずに、踏む(叩く)だけで倒せればよかったなぁと思いました(そういうバッヂを装備すれば可能ですが)。これって MOTHER2(1もかな?) がとうの昔に実現しているすばらしいシステムなのにどこもマネしないんですよねぇ。まぁ避ければいいんですけどちょっとムズいので…(ヘタなだけ?)

ストーリー的には、世界観が完全に「スーパーマリオ」で大安定なのがちょっと好きではないです。前作の外伝っぽさが好印象だっただけに、なんか無難すぎる感じがして。ただしその「世界」自体はしっかりと作られていて、セリフは細かく変化しますし、文章のセンスもなんか妙によかったです。手紙が届いたり手紙を届けたりとかのイベントも楽しいですね。みんな本当にそこで暮らしてるんだなぁって気がします。

なんかダラダラと書き連ねてしまいましたが、最後にちょっと余談を。というかむしろこれが本題。このゲーム、ルイージの詳しい性格が明かされた初の作品であり、ルイージファン必携の一本です。セリフとか秘密の日記とかがもう最高ですよ。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。