PSO2キャラクリ PSO2アニメ瞳A/B

新キャラの瞳パターン購入検討用の画像をせっかくなので公開。所持メセタが少ないので、リアルマネーで入手できるアニメBD/DVD特典の「PSO2アニメ瞳」シリーズで検討しました。

以下画像ばっかり載せてますので、クリックして拡大または別タブで開くとかして見てください。

続きを読む


PSO2 ネッキー防衛のメモ(フォース)

期間限定クエストのネッキー防衛(ファミ通コラボ)がなかなかおもしろ難しいので個人的な攻略メモ。クラスはFoTeでエキスパートブロック野良専です。

pso2_neckeydeffence
©SEGA

『ファンタシースターオンライン2』公式サイト

続きを読む


PSO2 3ボタンアクションタイプのコントローラー操作設定

今更ですがPSO2の3ボタンアクションの設定について、自分はこうやってますという話。パレット切替がR1でないとしっくりこなかった(Foメイン&初代PSO的に)ので、FPSのバンパージャンパー風にL1をジャンプにして以下の形で落ち着きました。ジャンプしながらPA/テク撃ったりするのが楽で結構良いと思います。

なお、主にPS4でやってるためDUALSHOCK前提で話しますが、PC版でXbox系のコントローラー使うときも同じような配置です。

dualshock4_pso2_layout

PSO2 3ボタンアクション設定
画像はFile:Dualshock 4 Layout.svg – Wikimedia Commons(© Tokyoship, 2013 / CC BY 3.0) を元に作成

  • アクション1: □
  • アクション2: △
  • アクション3: ○(兼 キャンセル)
  • ジャンプ: L1
  • アクセス: ×(兼 決定)
  • 裏パレット切り替え: R1
  • ロックオン: L2(ホールド)
  • 視点切り替え: R3
  • 回避アクション: R2
  • メインメニュー: OPTIONS
  • クイックメニュー: (なし、キーボードに設定)
  • サブパレット実行: L3
  • エリアマップ表示/非表示: タッチパッド右(左は未使用)

十字キーはデフォルトのまま。以下多少解説すると、

  • アクション3とキャンセルが同じボタンなので、アクション3の表にはキャンセル連打で暴発しても影響が少ないものを割り当てる。武器アクションとかレスタとか
  • ×が決定で○がキャンセルなのはPC版(Xboxコントローラー)からの流れ。PS4ダッシュボードでの操作と逆なのが困るけどまぁ慣れました
  • ちょっと操作が難しいのはL2でロックオンしながらL1でジャンプして何かするとき。まあこれも慣れ
  • タッチパッド左が未使用なのは、タッチパッド右を押したとき、たまに左に誤爆するから(ウチだけ?)。エリアマップ表示/非表示は防衛戦の状況確認で頻繁に使うのでこれは外せず、仕方ないのでクイックメニューを外してキーボードから開くことにした
  • サブパレット実行: L3 は使いづらいがやむなし。XboxEliteコンではパドルに割り当てるかも。いずれにしてもサブパレットは基本キーボードから発動してる

要望としては、全ボタンに裏表設定できるように、つまり裏パレット切り替えをFunctionキー的に使えるようにしてほしいですね。アクセスが1ボタン占有とか明らかにもったいないので裏にサブパレ発動入れたりしたいし、クイックメニューはメインメニューの裏に入れたいです。3ボタン化したのは基本的に良かった(オリジナルコンボとか2ボタンで操作するための苦肉の策としか思えなかったし)ですが、もうちょっとがんばっていただきたい。


PSO2 PS4版をしばらくやった感想

緊張感のない大和

緊張感のない大和

ゲーム自体の感想ではなくPC版と比較した感想です。CBTのときはPC版のほうがいいみたいなことを書きましたが、PS4版でしばらく遊んでいたら「ログインが早い」「クライアントが落ちない」という部分がかなり快適で、そのままPS4版メインで遊ぶようになってしまいました。

『ファンタシースターオンライン2』公式サイト

続きを読む


アメリカ出張でプリペイドSIM(ZIP SIM)を使ったときのメモ

こないだ1週間ほどアメリカ出張したときに、SIMフリー端末+プリペイドSIMでの通信環境確保を試みたのでメモ。

今回ZIP SIMとかいうのを使いましたが、利用開始までの手順がすごくシンプルで (1)日本でSIMを買って端末に入れておく (2)現地に着いたら指定された番号にSMS送ってアクティベート というだけ。以前AT&T GoPhoneのSIMを使ったときは、Webで結構いろいろ入力しなきゃいけなかった覚えがあるのですが、それに比べると非常に簡単でした。

基本情報

サービスエリアは都市部はおおむねカバーしているように見えます。

対応周波数帯は、購入したSIMに付属していた説明用紙によると以下のとおり。私はNexus5グローバルモデル(LG-D821 / スペック) を持って行きましたが、4GのBand2、Band4ともに対応してないので常時3G運用でした。まあ動画でも見ない限り3Gで困らないけど。

4G DC-HSDPA AWS Band4
4G HSPA+ 1900MHz Band2, AWS Band4
3G UMTS(W-CDMA) 1900MHz Band2, AWS Band4
2G GSM/Edge 1900MHz Band2

利用開始までの手順

むちゃくちゃ簡単ですがいちおうメモ(公式: How to Activate Your ZIP SIM – ZIP SIM

  1. 端末にSIM挿入してサービスエリア内で電源ON
  2. 滞在先の米国郵便番号(ホテルのとか)を入力して7850にSMS送信
    (送った郵便番号に基づいて市外局番が決まる。8分放置するとランダムで決まるらしい)
  3. 取得された電話番号がSMSで送られてくる
  4. 端末のAPNをwholesaleに設定する。Android6の場合は設定から 無線とネットワーク->もっと見る->モバイルネットワーク設定->アクセスポイント名。ここで元々wholesaleというAPNがあった場合でも、それを使わず新規作成しないと繋がらないらしい。APN以外の欄は空欄またはデフォルトのままでOK。

国際電話サービスの追加

ZIP SIMの基本サービスでは国際電話(米国外との通話)は着信のみ/発信不可なのですが、ここで盲点だったのが、日本の携帯電話を米国でそのまま使う人への発信ができないということ。同行した人が日本での社用携帯電話をそのまま使っていたので、こちらからも電話できるように国際電話サービスを追加しました。SMSで済ませてもよかったですが、まぁ5ドルと安かったので。

追加手順は以下のとおり。送られてくるメールやSMSに書かれている手順(英語)どおりにやるだけで、特に詰まるところはなかったです。

  1. 公式サイトのShopからLong Distance 5/10/20を購入(アカウント登録が必要)
  2. 登録したメールアドレスにLong-Distance Voucher Codeが送られてくるのでメモ
  3. (ZIP SIMのサービスが有効な状態で)7850に “LD” というメッセージを送信
  4. 返信が来たら、Long-Distance Voucher Codeを入力して返信
  5. successfully activated みたいなメールが来たら完了

なお、ここでさらに盲点だったのが、国際電話サービスを追加してもドコモの番号通知お願いサービスを利用している携帯電話には発信しても繋がらなかったこと。「最初に186をつけて発信してください~」みたいなガイダンスが流れましたが、+81のあとに186つけて発信してもダメだったので、着信側でこのサービスを外してもらわないと通話できないかもしれないです(海外からの場合は着信するみたいに書かれてますけど、ダメでしたね……)。