アメリカ出張でプリペイドSIM(ZIP SIM)を使ったときのメモ

こないだ1週間ほどアメリカ出張したときに、SIMフリー端末+プリペイドSIMでの通信環境確保を試みたのでメモ。

今回ZIP SIMとかいうのを使いましたが、利用開始までの手順がすごくシンプルで (1)日本でSIMを買って端末に入れておく (2)現地に着いたら指定された番号にSMS送ってアクティベート というだけ。以前AT&T GoPhoneのSIMを使ったときは、Webで結構いろいろ入力しなきゃいけなかった覚えがあるのですが、それに比べると非常に簡単でした。

基本情報

サービスエリアは都市部はおおむねカバーしているように見えます。

対応周波数帯は、購入したSIMに付属していた説明用紙によると以下のとおり。私はNexus5グローバルモデル(LG-D821 / スペック) を持って行きましたが、4GのBand2、Band4ともに対応してないので常時3G運用でした。まあ動画でも見ない限り3Gで困らないけど。

4G DC-HSDPA AWS Band4
4G HSPA+ 1900MHz Band2, AWS Band4
3G UMTS(W-CDMA) 1900MHz Band2, AWS Band4
2G GSM/Edge 1900MHz Band2

利用開始までの手順

むちゃくちゃ簡単ですがいちおうメモ(公式: How to Activate Your ZIP SIM – ZIP SIM

  1. 端末にSIM挿入してサービスエリア内で電源ON
  2. 滞在先の米国郵便番号(ホテルのとか)を入力して7850にSMS送信
    (送った郵便番号に基づいて市外局番が決まる。8分放置するとランダムで決まるらしい)
  3. 取得された電話番号がSMSで送られてくる
  4. 端末のAPNをwholesaleに設定する。Android6の場合は設定から 無線とネットワーク->もっと見る->モバイルネットワーク設定->アクセスポイント名。ここで元々wholesaleというAPNがあった場合でも、それを使わず新規作成しないと繋がらないらしい。APN以外の欄は空欄またはデフォルトのままでOK。

国際電話サービスの追加

ZIP SIMの基本サービスでは国際電話(米国外との通話)は着信のみ/発信不可なのですが、ここで盲点だったのが、日本の携帯電話を米国でそのまま使う人への発信ができないということ。同行した人が日本での社用携帯電話をそのまま使っていたので、こちらからも電話できるように国際電話サービスを追加しました。SMSで済ませてもよかったですが、まぁ5ドルと安かったので。

追加手順は以下のとおり。送られてくるメールやSMSに書かれている手順(英語)どおりにやるだけで、特に詰まるところはなかったです。

  1. 公式サイトのShopからLong Distance 5/10/20を購入(アカウント登録が必要)
  2. 登録したメールアドレスにLong-Distance Voucher Codeが送られてくるのでメモ
  3. (ZIP SIMのサービスが有効な状態で)7850に “LD” というメッセージを送信
  4. 返信が来たら、Long-Distance Voucher Codeを入力して返信
  5. successfully activated みたいなメールが来たら完了

なお、ここでさらに盲点だったのが、国際電話サービスを追加してもドコモの番号通知お願いサービスを利用している携帯電話には発信しても繋がらなかったこと。「最初に186をつけて発信してください~」みたいなガイダンスが流れましたが、+81のあとに186つけて発信してもダメだったので、着信側でこのサービスを外してもらわないと通話できないかもしれないです(海外からの場合は着信するみたいに書かれてますけど、ダメでしたね……)。


PC版PSO2でXbox Elite ワイヤレス コントローラーを使うまでにやったことのメモ

一部で話題のXbox Elite ワイヤレスコントローラーを、PC版PSO2で使おうと思って購入から設定までしたときのメモ。なお導入自体はできたのですが、PSO2では微妙に使いづらかったのと、3ボタンタイプの操作方法追加によりボタンが足りなくなり、今はXbox360コントローラーに戻しちゃってます。この辺は後述。

やったことリスト

  1. Xbox Elite ワイヤレス コントローラーを入手する
  2. Windows10 PCに接続してコントローラーの設定をする
  3. ドライバーを入れ替える
  • 補足事項・注意点など
  • Eliteコンの感想

1. Xbox Elite ワイヤレス コントローラーを入手する

3月に買いましたが当時は正規価格だと在庫がなかなか見つからない状況で、私はヨドバシ.comの「在庫がある店舗」をときどきチェックして、在庫有になったところで店舗に電話して取り置きしてもらいました。今は通販の在庫もそこそこあるみたいですね。

2. Windows10 PCに接続してコントローラーの設定をする

ここはXbox公式の説明どおりにXboxアクセサリーアプリを使って設定。なおEliteコンのパドルに割り当てられるのは元々あるコントローラーのボタンのみで、キーボードのキーを割り当てたりはできないです(サブパレットのキーとか割り当てたかった……)。

で、この時点ではPSO2内で正常に動かないので次のドライバー入れ替えをやります。

3. ドライバーを入れ替える

Windows10のドライバーにPSO2が対応していないようなので、Windows8.1/7用のドライバーに入れ替えます。やり方はXbox公式のXbox One コントローラーを Windows PC に接続する | Xbox One のアクセサリーのページの「Windows 8.1 と Windows 7」->「Xbox One コントローラーのドライバーをダウンロードしてインストールする」の項目に書いてあります。

入れ替え後は デバイスマネージャー->Xbox Peripherals->Xbox Gaming Device のプロパティで、下の画像のようにドライバーのバージョンが6.2.11059.0になっているはず。ここがバージョン10だとWin10ドライバーなのでちゃんと入れ替わっていません。

xboxelitecontroller_win7driver

あとはPCを再起動したあとPSO2内のオプションで、コントローラー設定を適切に行えば普通に動くかと思います。うまくいかない場合はコントローラー設定のリセット(WindowsとPSO2両方)してみるとか。

補足事項・注意点など

  • Win8.1/7のドライバーに入れ替えるとXboxアクセサリーアプリがEliteコンを認識しなくなるため、Eliteコンの設定をし直す場合はあらためてWin10ドライバーを入れるか、別のWin10PCに繋ぐ必要がある。
  • Windows10のアップデートがあった際、コントローラーのドライバーも最新のものになってしまうことがあるので、その場合は再度Win8.1/7のドライバーに入れ替える。
  • 両ドライバーの具体的な違いは、Win8.1/7のドライバーではLT/RTが「Z軸+」と「Z軸-」に割り当てられていたのが、Win10だと「Z軸」「Z回転」に変わっている、ということらしい。

Eliteコンの感想

あくまでPSO2で使っただけですが、冒頭に書いたようにちょっと以下のような理由から活用が難しく、以前のXbox360コントローラーに戻しました。

  • 下パドル左右に十字キー左右を割り当てて「これでスティックから手を離さずにサブパレ変更できる!」とか思っていたが、戦闘中に通常操作をしつつパドルを動かすのが(私のウデでは)困難で、十字キーを使うかキーボードからサブパレット発動するのとあまり変わらない。
  • PSO2の3ボタン操作追加で必要なボタンが1個増え、私は頻繁に使うマップ開閉に1ボタン割り当てているのでボタンが足りなくなった(Eliteコンのパドルに割り当てられるのは既存ボタンだけで、使えるボタン数が増えるわけではない。360コンだと非公式ドライバを使えばしいたけもボタンとして使えるので、ボタンが1個多い)
  • マイショップでの検索などでキーボード入力するとき、いったんEliteコンをひざの上に置いたりすると裏側のパドルが入力状態になり意図しない動作をすることがある。いちいち平らな机の上などに置かないといけないので結構困った。

まぁXboxOneも持ってるので、どこかで使う機会はあるでしょう。


PSO2 PS4版CBT

pso2ps4cbt-01

追加枠で当選したので、ブレイバーでLv30まで、森林、火山、砂漠と東京フィールド、あと緊急クエスト2種(マガツとDFエルダー&ルーサー)を1回ずつやりました。白ノ領域とかは行ってません。

内容はサービス中のPC版と比較しても遜色ないデキで、正直あまりにも普通にプレイできてちょっと拍子抜けしてしまいました(笑)。もう完成していると言っていいレベルではないかと思います。おかしかったのはDFルーサー倒した後の集合写真で、12人いるのになぜか4人しか映らなかったぐらいですかね。

以下PS4とPCの比較という点でてきとうにメモ。PSO2本体のデキはPS4版のほうがいいと思うのですが、PCだと周辺機器や録画などの機能が使いやすく、設定6でそれなりに動けばこのままPCで遊ぶかなーという感じ。

PC版より良いところ

データが壊れる等の悪影響の心配がない

PC版は悪名高いnProtectがあるのと、アップデートでHDDのデータが削除されたという極めて不名誉な実績があり、プレイする場合はPCが壊れたりデータが消えてもいいという覚悟が必要です(私はPC版CBTから一貫してサブPCで遊んでいます)。
PS4版はnProtectなしですし、ゲーム機なのでさすがにHDDのデータが消されるような仕組みにもなっていないでしょうから安心して遊べます。

ロビーでの妙なカクつきがなく快適

私だけかもですがPC版はなぜかロビーだけカクつくというか「引っかかる」んですよね。ロビーでしか発生しないからキャラモデルの読み込みでいちいち引っかかってるのかなぁ…という気が。ShadowPlayの表示で60fps出ていても引っかかりは発生するので、スペックの問題とはまた違うと思っています。PS4版は「フレームレートが落ちる」ことはあっても引っかかることはなかったため、その点ではとても快適でした。

PC版のほうが良いところ

Xbox360コントローラーが使える

慣れでなんとかなるかなーと思ってましたが想像以上にDUALSHOCK4だとやりづらかったです。頻繁に使うタッチパッド左右の認識が甘い(右を押すと左のメニューが出たり)、頻繁に使うOptionボタンが非常に押しづらい、左スティックと十字キーの位置がXboxの逆なので、移動しながらサブパレット変更やメニュー関係操作がやりづらい、等々。

ShadowPlayで高画質録画できる

ShadowPlayでの録画は1080p/60fps、PS4では720p/30fpsなので、やはりPCのほうが格段にキレイに録画できます。実はShadowPlay今まで使ったことなかったのですが、GeForceの対応ビデオカードでさえあれば簡単に使えて、録画中のパフォーマンス低下は認識できないレベル、それでほとんどゲーム画面そのまんまの動画が録れてしまうという、謳い文句そのままの手軽さ・性能でビックリしてしまいました。PS4の録画も十分素晴らしいのですが、ちょっとShadowPlayが圧倒的すぎますね……

スクリーンショットや動画の扱いが楽

PS4はUSBメモリでPCに移さないといけなくて面倒ですね。画像ぐらいは勝手にオンラインストレージに上げてくれるとかあればいいと思いますが


PSO2 星13武器強化したのでメモ

pso2_rarity13weapon_buildup

Sympathy2015(コンサート)が良かったせいでPSO2に復帰してしまい、先日初めて星13武器を強化したので自分用に記録残し。

PSO2はレア武器であっても大枚はたいて強化しないと実用レベルの強さにならないので、レアを拾ってもすぐには喜べないというトレハンゲーにあるまじき仕組みですが、この仕組みはもう変わらないと思うので、あらかじめ強化の出費がどれぐらいになるのか見当をつけておいて財布が軽くなったときの精神的ダメージを軽減しようーという趣旨となります。やり方自体はまったく目新しいものではないです。

続きを読む


無印良品のキッチンタイマーが使いづらい

今使ってるキッチンタイマーのボタンの反応がちょっと悪くなってきたので、無印良品のダイヤル式キッチンタイマーをなんとなく買ってみたら使いづらかったのでメモ。主な原因は角度がつくと液晶が見づらいのと、時間が合わせづらいという2点です。こんなの基本的なところなんだからちゃんと確認してから買えよって感じですが、見た目がおしゃれだったのと無印ブランドで不覚にもあまり考えずに買ってしまいました……

角度がつくと液晶が見づらい

斜めから見ると液晶が見づらく、数字をパッと読み取れない。いちいち正面から見ながら操作する必要がある。

muji_kitchentimer-1

正面から。左が無印のもので、右がもともと持ってたZKK-V110

muji_kitchentimer-2

斜めから見た場合。表示されてないセグメントもうっすら見えてしまい、パッと見で数字が読み取れない。右のZKK-V110と比べると明らか。

時間が合わせづらい

意図した時間に合わせるのに、まずダイヤルを回して大まかに合わせる→1目盛りずつダイヤルを回して目的の時間に合わせる という手順になりひと手間かかってしまう感じ。ZKK-V110では例えば3分30秒に合わせたいなら「3,3,0」と押すだけなので、無印のほうは結構めんどくさく感じてしまいます。

製造元は計測器業界の雄(?)タニタさんみたいですけど、こういうところに目が行かなかったのかなぁとちょっと不思議に思ってしまいます。さらに言うとこれ1900円もしたんですよね。ZKK-V110は1000円ぐらいだったのでその点でもウムム。結局ZKK-V110のほうが総合的に使いやすく、そのままこちらを使ってます。

ZKK-V110のほうの感想も書いておくと、特にオススメってわけでもないですが、上に書いたように1000円程度と安いし普通に使えます。数字キーで直接時間を入力するタイプなので、15分とか長い時間を計るときも「分ボタンを15回押す」みたいなことにならず良いです。あとボタン電池でなくて単5電池なあたりも他の機器と共有できていいかな。2年ぐらい使って「ちょっとボタンの反応が悪いような気がしなくもないかもしれない」ぐらいの状態になりましたが、そこまで困ってはいないので、本格的に壊れるまでは使うと思います。